読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンスイッチ攻略Press

ポケモン サンムーン・ニンテンドースイッチに関する最新情報・攻略をします!

ポケモンGOと不正ツール・アプリとの2ヶ月にも及ぶ攻防について(P-GO SEARCH・個体値チェッカー・位置偽装)

f:id:yomu0007:20160802185919j:plain

ポケモンGOと不正ツール・アプリとの2ヶ月にも及ぶ攻防について(P-GO SEARCH・個体値チェッカー・位置偽装)

7月22日ポケモンGOが配信開始と同時に、不正ツール・アプリの戦いの火蓋が切って落とされました。

そんななか2ヶ月が経ち、9月30日有名な「P-GO SEARCH(ピーゴサーチ)」の牙城が大いなる会社によって崩され話題となりました。

スポンサーリンク
 

 

目次

どんな種類のツール・アプリが登場したのか?

ソフトウェアの改造(脱獄)

GPSの位置偽装(9月14日にアカウント停止対象)

位置偽装は、ポケモンGO開始当初から海外勢が強力なポケモンをジムに配置するなどチートとも呼べるものでしたが、8月中旬から公式システムによりフィルターをかけられ警告⇒アカウント停止処分となっています。さらに9月22日にはポケモンの捕まえた場所がわかるようになり、さらに強力なフィルターとなりました。

 

個体値チェッカー

ポケモンの隠れステータスを調べ優秀な個体のみを厳選する方法

(PokeIVを筆頭に、8月18日にアカウント停止対象。停止対象になるかどうかは、個体値チェッカーと呼ばれるツール・アプリを使い、ポケモンGOアプリと連動して強さを計測する場合はアカウント停止になる可能性大

詳細:個体値の計算機(チェッカー)の使いやすさランキング5選 

位置情報ツール・アプリ

ポケモンの位置を表示するものでポケモンGO配信開始時に人気だったボケヴィジョン・PokeWhereは、7月31日に対策され行き場を失ったユーザーはP-GO SEARCH(ピーゴサーチ)へ流れて行き、今現在も人気のツール・アプリとなっています。

しかしながら、9月30日には大いなる会社の圧力によってマップ上に表示される名前と画像は使用できなくなり話題となっています。

詳細:出現位置アプリ「P-GO SEARCH」が生存。

大きく種類に分けると、このような3種類になります。

これらはレアなポケモンを捕まえたい。強くなりたいといったことを助長するようなツール・アプリとなっていて何もアカウント停止までする必要はないのでは?と思ってしまいます。

スポンサーリンク
 

なぜ本気でアカウント停止祭りをするのか?

f:id:yomu0007:20161001090224p:plain

このグラフは公式サーバーの負担を表していますが、ポケヴィジョンなど不正ツール・アプリと呼ばれるものに対して対策を講じ「第3者」からの不正アクセスを取り締まった結果、負担が軽減していることがわかります。

しかしながら新たな不正ツール・アプリも登場している。

「PokéMesh」が登場するなど「いたちごっこ」となっている

新たな位置情報アプリ「PokeMesh 9.1.0-release」Android専用が登場し、P-GO SEARCHの代わりとして人気となっている。これは出現したポケモンの個体値・技の構成まで判別し、利便性が増したとあって暗躍している。

潰しても潰しても新しいアプリが登場している。

公式Nianticがしている対策について

①不正ツール・アプリをブロックし負担を軽減。

次に②使用者に対してアカウント停止処分をすることで、多くの利用者に対して牽制し利用者自体を減らし負担を軽減する。

そして今現在、「③公式サーバー自体に負担はないもののP-GO SEARCHなどチートツールを取り締まっている。」とし第3者によるサーバーの負担は、ほぼなくなっている。

 

そのおかげで新たに9月30日から2日間で一気に11カ国への配信が開始された。

 

そして配信開始が落ち着けば、次には新たな機能(バトル・トレード・足跡)といった待ちに待った機能がアップデートとなる予定と公式発表があった。予定としては10月初旬から2週間ごとに大型アップデートされる予定。足跡機能があれば位置情報の不正ツール・アプリは減るでしょう。

 

しかしながら、P-GO SEARCHも復元する方法が登場するなど、利便性が良く、なかなか減らない不正ツール・アプリ。私は今でもP-GO SEARCH(出現位置アプリ「P-GO SEARCH」使用方法)を使っています。

f:id:yomu0007:20161001100629p:plain

記事書いている時に出現したカイリュー