読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンスイッチ攻略Press

ポケモン サンムーン・ニンテンドースイッチに関する最新情報・攻略をします!

これがプレミ松マカロンキャラ一覧だ!!へそくりウォーズの攻略にはレア松が必要不可欠

マカロンに乗っているのが可愛すぎる!!

f:id:yomu0007:20160209183931j:plain

プレミ松ガチャ!でへそくりウォーズを攻略しよう!

ダイヤ50個で✩3と✩4のレアが引けるようになります。確率としては10%程度で確率としては高いので比較的登場しやすいレアキャラになります。

 

それでは今まで判明している超激レアなプレミ松の特徴と画像を紹介します!!

 

スポンサーリンク

AP・特性もキャラによって違いますのでご覧ください。

 カラ松:マカロン

f:id:yomu0007:20160209181946j:plain

HPが高く、打たれ強い。敵の攻撃を受けても自分の身を盾にして守る。一度に複数の敵を魅了する。マカロンに座ってギターの弾き語りをするカラ松。

f:id:yomu0007:20160211193720j:plain

可燃性の液体を口に含んで、火を吹いて攻撃する。【210AP】

カラ松のマカロンが210APでキャラの性能が良いと低コストで最強のキャラクターになるので序盤の主力として使えるでしょう。

カラ松は必須のキャラであり、ガチャで必ず引き当てたいキャラ。✩3つ以上だとパーティに必ず入れるキャラです。

トド松:マカロン

f:id:yomu0007:20160209182050p:plain

自分の被害の及ばない離れた場所から、殺傷能力の高い攻撃を繰り出す。

f:id:yomu0007:20160211193922j:plain

ただ、死にやすい。一度に複数の敵を攻撃する。【1350AP】

 攻撃力が強く遠距離もいけるトド松。しかし問題がAPにあり、終盤で追い打ちをかける際に使用するなど敵に押されているときや劣勢の時は使えないキャラクターとなります。トド松は体力はなく後方から攻撃するので、前に防御となる盾が必要となります。

チョロ松:マカロン

f:id:yomu0007:20160209182847j:plain

マカロンにしがみつくチョロ松。

f:id:yomu0007:20160211193759j:plain

マカロンに振り回されている感がある。【410AP】

この低コストAPで攻撃も遠距離ができ、足が速いということで使いやすいキャラとなっています。チョロ松・カラ松のマカロンが引ければ当たりとなります。

おそ松:マカロン

f:id:yomu0007:20160209182935j:plain

バランスのいいマルチタイプ。比較的APが低く、数多くの出撃ができる。【110AP】

APが最も少ないので序盤に数を打つときに出陣させまくろう。マカロンとレアの中のレアですが、この低コストは魅力的です。大量出撃が可能となっているのでタイムを短縮させたいときにチョロ松と一緒に攻撃陣としてパーティーに入れれば充実した攻撃陣となるでしょう。

一松:マカロン

f:id:yomu0007:20160209183224j:plain

遠くにいる的にも攻撃できるが、猫背でゆっくりと歩き、なおかつ打たれ強い。一度に複数の敵を攻撃できる。【810AP】

810APでも終盤に繰り出せば最強のキャラ。一松はどちらかと言えばコストも考えてつなぎなど✩3つのレアがいればパーティーとしては充実したメンバーになる。攻撃の仕方が背後霊を出すなど一松の各攻撃パターンを見てみたい。

十四松:マカロン

f:id:yomu0007:20160209183329j:plain

足が速く、すぐに前線に駆けつける。吹っ飛び方がオーバーだが、打たれてもがむしゃらに向かっていく。【1100AP】

チョロ松と同じ特性となるが、APが高いのが困るところ。十四松っぽい攻撃の仕方など面白いため、そのために出撃させたくなるキャラ。

 

っで上記のプレミ松を引くにはダイヤ50個必要だが金額は・・・?

f:id:yomu0007:20160209223408j:plain

ダイヤ10個120円、90個840円~500個4100円と高いですが160個お得なので500個買ってみてはどうだろうか。10回プレミ松チャンスのガチャができるので1回は出てくるかもしれません。

まとめ

レアガチャを回し、レアキャラとマカロンのような超激レアの確率は、

超激レアは10%ほどなので10回ガチャで1回出る確率です。出ないという人もいますが、運ですのでしょうがありません。

 実はマカロンなしでもステージ50まではクリアできるって知ってた?簡単な攻略方法を教える。

osomatsusan.hatenablog.com